スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

新型コロナウイルス拡大でマスク不足やウイルス検査が少ない訳など分ってきたことがある

新型コロナウイルス拡大でマスク不足やウイルス検査が少ない訳など分ってきたことがある。

4月25日(土)の朝刊を見ると富山県内の感染者数は163人と書かれている。

テレビニュースの県別の感染者数を多い順に並べた一覧表では、富山県はとうとう四列あるうちの一番左側の列に入ってきた。すぐ上は石川県で、先日福井県を抜いたと思ったらすぐに石川県の次まで来てしまった。

石川県の上は、大都市を抱えて人口の多い都道府県ばかりである。これらの次に富山県が位置するなど尋常ではない感染確認数の増え方である。

さて、新型コロナウイルス問題について段々分ってきたことがある。


1.マスクはいつまでたっても店頭にない

政府はマスクを数億枚増産する体制を取って市中に行き渡るようにすると早くから言っていたが、マスクはいつまでたっても店頭に並ばない。

日本のような物資の豊富な国でも、こんなことになるのかと改めて思う。マスクは輸入に頼っているから、自前ではどうにもできないのだろう。食料は自給自足できないとはよく聞くが、マスクもそうみたいだ。中国などに頼っている製品では、他にも同様のものが沢山あるのかもしれない。


2.病院の感染防止用資材が不足

病院で医者が使うマスクや手袋が不足している。防護服やフェイスシールドなども不足して、雨合羽や手作り品で代用するという。

日本のような物資の豊富な国でも、こんなことになるのかと改めて思う。欧米諸国が感染爆発で大変なのを見ている間に準備できなかったのかと思うが、元々の絶対数が足りないのだろう。これらも輸入に頼っているのだろうか。


3.ウイルス検査数が増えないのは保健所が手一杯だから

政府はウイルス検査数を一日何万件まで増やすと早くから言っているけれど、大して増えていない。

報道を見ているとどうやら検査を受け付ける保健所が手一杯だからのようだ。職員は頑張っているが、人手やら設備やらが限られていて追い付かないのが現状だとみられる。

これでは無理だ。ウイルス検査数は徐々にしか増えていかないのだろう。

それならそうと初めから言えばいいのに、専門家会議も政府も本当は解っていなかったのかもしれない。


新型コロナウイルス感染拡大でいろいろと判明してくることがある。


令和2年4月25日記


JUGEMテーマ:富山、今



| 新型コロナウイルス拡大でマスク不足やウイルス検査が少ない訳など分ってきたことがある | ニュース |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

富山県 新型コロナウイルス感染拡大が大変な勢いでびっくり

富山県 新型コロナウイルス感染拡大が大変な勢いでびっくり

富山県内において新型コロナウイルス感染拡大が大変な勢いを見せている。

富山県は3月下旬まで、感染者が確認されていない四つの県(岩手、鳥取、島根、富山)のひとつとして頑張っていた。

ところが3月31日のニュースで県内一人目の感染が報じられたと思ったら、あっという間にその数が増えて、4月18日(土)の新聞を見ると県内の感染者数は79人と書かれている。

4月19日(日)の新聞を見ると、その数は91人と書かれている。

毎日のテレビニュースで県別の感染者数を多い順に並べた一覧表が映し出されるが、それを見ると、富山県はいつの間にか真ん中より上位に位置づけされているのが分かる。

鳥取や島根など富山同様感染確認が遅かった県は、今も感染者数は下位の方にとどまっている。それなのに富山県だけは、他のもっと人の往来が多いと思われる県も追い越して、大変な勢いで上位に迫っていることがみてとれる。

4月19日(日)朝のテレビニュースの一覧表では、福井県の次になっていて驚いた。同じ北陸でも石川や福井は早くから感染が確認されて人数も増え続けていた地域である。その福井に一気に追いついた格好である。

(追記 4月22日(水)の朝刊を見ると、富山県の感染者数は127人、福井県は118人と書かれており、ついに富山は福井を追い抜いてしまった。)


このような状況の中でローカルテレビ局でもコロナ関連の話題を伝えるようになっている。KNBテレビ「ワンエフ」(令和2年4月17日放送)も前回に引き続きコロナの特集をしていた。

全国ネットでコロナに関する番組を見ていてもどうも今ひとつ分からないことが多い。では、ローカルテレビ局はどうかと思って「ワンエフ」を見たが、やっぱりピンとこないというか、かゆいところに手が届かない印象がある。

専門家の先生は一生懸命話しておられてその内容は良く分かる。でも、キャスターの質問が漠然として一般的というか、全国ネットの番組と変わらないというか、どうも自分の知りたいことが取り上げられていないように思える。

「ワンエフ」出演の専門家の先生の説明を聞いて分かったことはある。

「県知事は不要不急の外出は自粛と言っているが、医師の気持ちとしては禁止である。」

なるほど、事態の把握、現状に対する切迫感に差があると分かる。

「かかりつけ医に診てもらうときは、受診する前に電話で相談する。」

コロナかなと思ったら、町のお医者さんにまず相談する。ただし、いきなり医院に出向くのではなく、初めに電話で相談する。コロナに罹ったときは「帰国者何とかセンター」ではなく、町のお医者さんにまず相談するという手順がはっきりした。


これとは別に4月18日(土)朝のテレビニュースを見ていて分かったことがある。

富山県内の新型コロナウイルス感染者用の病床は、現在その39パーセントが埋まっているとのこと。ただし、具体的な数字は言及していなかったので分からない。

この他にコロナに関してはっきり分からないことはまだまだある。緊急事態だというのに、あやふやな状態の中にいるもんだ。

蜜なら歓迎

令和2年4月19日記


JUGEMテーマ:富山、今



| 富山県 新型コロナウイルス感染拡大が大変な勢いでびっくり | ニュース |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

「みんなはひとりのために」と教える学校が、新型コロナウイルス感染拡大でも新学期に学校再開の怪

「みんなはひとりのために」と教える学校が、新型コロナウイルス感染拡大でも新学期に学校再開の怪

新年度が始まり、令和2年4月6日(月)、富山市などでは小中学校が始業式を迎えた。

3月は政府から要請があり、全国一斉に学校は休校となった。その後春休みとなり、休み明けの新年度はそのまま休校措置が続くのか、学校再開となるのか注目されていた。

その中で、富山県内の市町村は新学期の学校再開を選択した。

ところがこの間、富山県内でも新型コロナウイルス感染者が確認されている。

3月31日(火)朝のニュースで、前日の30日に富山市で初めてコロナウイルス感染者が確認されたと報じられた。富山でもついに一人目が確認されたと思ったら、あっという間に5人、8人と人数が増え、4月6日は11人を数えている。

尚、これはあくまでウイルス検査を受けて感染が確認された数であり、検査による確認には至っていないけど、実際には感染している人が他にも存在すると当然考えられる。

富山県内では都市部に比べて感染者数はまだ少ないけれど、増えつつあることは明らかで、これからも増え続けると予想される。

その中での学校再開である。せっかく感染拡大防止のために休校していたのに、感染拡大傾向がみられる中での学校再開である。これは一体どうしたことだ。


イタリアやスペインみたいな状況になってから今度また休校にするのだろうか。

イタリアやスペイン、アメリカの一部の州みたいな状態になってから休校したって遅いんじゃないの。

そういう大変な状態にならないようにするために、そのための一つの方策として前回学校を休校にしたのではないのか。

日本あるいは富山県はヨーロッパやアメリカみたいな悲惨な事態にはならないと踏んでいるのだろうか。


東日本大震災の教訓はどうなったのでしょうか。

地震が起きたらまず逃げる、津波が来るかどうか分からないけどまず逃げる、空振りになってもいいからとにかく高台に避難することが大事、という教訓はどうなったのでしょうか。

津波は目の前に現れたときにはもう遅いんですよね。それを思い知らされたはずではなかったのですか。

コロナも目の前に大挙して押し寄せてきたときにはなす術がない。欧米の現状はそれを表しているのではありませんか。

すなわち思うに、富山県や富山市の意思決定機関は、コロナの爆発的感染拡大による惨状は富山では起きないと判断している。そういう理屈になりませんか。もしそうなると恐れているなら学校を再開するはずがないから。

結局、コロナより休校措置が空振りに終わるのを恐れている。

ドーン
藤子不二雄A展より


「みんなはひとりのために、ひとりはみんなのために」

学校はこういうのを生徒に語るのが好きですよね。

「ワンフォアオール、オールフォアワン」という横文字のフレーズもある。

「ひとり」はこの先コロナに感染して重篤になる人、さらに重篤ののち死亡する人、そう考えることもできるのでは。

そういう人がこの先一人も出ないのであれば、それに越したことはない。だけどそんな訳にいかないのであれば、そういう「ひとり」が増えることを極力抑えなければならない。

そういう「ひとり」が一人でも少なくなるように、休校で「みんな」が休むくらい何でもないのではないか…


令和2年4月6日(月)記


<追記>

4月7日(火)、富山県は、県立学校を入学式などの翌日から臨時休校にすることを決めた。

4月7日(火)、富山県内5市町村も、小中学校を臨時休校にすることを決めた。

4月8日(水)、富山市は、小中学校を臨時休校にすることを決めた。

結局こうなる…

教育委員会はもたもたもたもた…

しっかりしてくれ


こちらの記事もどうぞ
富山県 新型コロナウイルス感染拡大が大変な勢いでびっくり



JUGEMテーマ:社会の出来事



| 「みんなはひとりのために」と教える学校が、新型コロナウイルス感染拡大でも新学期に学校再開の怪 | 富山 |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

TBSあさチャンで女子アナが「東京五輪を成功ウラに収める」と言ったのは「成功裡(リ)」の誤りだろう

TBSあさチャンで女子アナが「東京五輪を成功ウラに収める」と言ったのは「成功裡(リ)」の誤りだろう

朝食の支度をしながら背中でテレビ「あさチャン」(TBS系列令和2年3月25日放送)の東京オリンピック2020の延期が決まったというニュースを聞いていた。

世界各国も五輪延期を一斉に報道したとして、いくつかの国のニュース画面を紹介していた。

その中で韓国の報道内容として、「安倍総理は…東京オリンピックを成功ウラに収める…」と言っているのが聞こえた。声の主は女子アナで、午前6時45分から7時の間である。

成功ウラに収める…? 何じゃそりゃ。

私はこれを聞き逃さなかった。「成功ウラに収める」って、多分「成功裡(リ)に収める」と言いたかったのだろう。原稿を読む女子アナは間違えたんだな。

こんな重大なニュースを伝えるときに何という頓珍漢。おもしいのう…。

画面は韓国のニュース映像、音声はその報道内容を説明したもので、声の主が誰かは分からない。念のため言えば夏目三久ではない。

テレビは何事もなかったように先へと進んだが、この女子アナはこの後上司に叱られたのかなあ。気の毒に。

女子アナが読み間違えた原因は次の二つが考えられる。

・原稿に「成功裡」と書いてあったのに、女子アナは読み方が分からなかった。

・原稿に「成功裏」と書いてあったのを、女子アナがウラと訓読みした。

私も我ながら暇人である。

でも「成功ウラ」なんて言い回しはないのに、女子アナは何のことと思っていたのだろうか。

昔、フジテレビの女子アナが「旧中山道(きゅうなかせんどう)」と言うべきところを「1日中(いちにちじゅう)山道(やまみち)」と読み、後に語り草となった場面を私はリアルタイムで聞いていた。

「1日中(いちにちじゅう)山道(やまみち))」なら、まだ意味は通じる。でも「成功ウラ」ってなあ…。普通はおかしいと気付くと思うのだが。

新型コロナウイルスで大騒ぎの中、不意の間隙を突いた瞬間でした。


こちらの記事もどうぞ

「みんなはひとりのために」と教える学校が、新型コロナウイルス感染拡大でも学校再開の怪





| TBSあさチャンで女子アナが「東京五輪を成功ウラに収める」と言ったのは「成功裡(リ)」の誤りだろう | テレビ |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

すぐまた休校になるなら16日からの学校再開はいかがなものか 新型コロナ対応

すぐまた休校になるなら16日からの学校再開はいかがなものか 新型コロナ対応

 現在新型コロナウイルス感染拡大予防対策として、学校の休校が政府から要請されている。これに関して、富山県ではいくつかの自治体で、3月16日から学校を再開することに決めたとテレビニュースが報じている。また、私立高校でも一定の活動再開を予定しているところがあるという。

 富山県内では今のところ新型コロナウイルスの感染者が確認されていないので、こういう措置になったようだ。判断は難しいところだけど、この決定はどうなのだろうか。

 富山県内で感染者が確認されていないといっても、それは、感染者がいないということとは違う。感染した人がいたとしても、ウイルス検査を受けなければ感染していることは確認されない。これだけ全国に感染が広がっているのだから、既に富山県内にも感染者がいてもおかしくない。新型コロナ終息まで富山県だけ感染者ゼロというわけにはいかないだろう。

 新型コロナ感染者の確認によりまた休校にするのであれば、そのままずっと休校でも構わないのではないか。短期間で再開したり休校したりすると、保護者の方もバタバタして、いずれにしても負担がかかることには変わりがないように思う。
 それに、学校の先生や関係者に感染が確認されたりしようものなら目もあてられん。折角感染の拡大が抑えられているのなら、それを維持するという考え方もある。

 WHOはパンデミックを表明した(令和2年3月11日)。何だ結局パンデミックになったがかい、最初はそれほどでもないような口振りだったのに…

 これはオリンピックも怪しくなってきた。学校の対応も市町村ごとに判断して足並みが揃わなくても構わないような悠長な段階なのだろうか。


こちらの記事もどうぞ

TBSあさチャンで女子アナが「東京五輪を成功ウラに収める」と言ったのは「成功裡(リ)」のことだろう

「みんなはひとりのために」と教える学校が、新型コロナウイルス感染拡大でも学校再開の怪




JUGEMテーマ:日々徒然



| すぐまた休校になるなら16日からの学校再開はいかがなものか 新型コロナ対応 | ニュース |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

小室哲哉作品のヒットメドレーTK WORKS super tune-BEST SELECTIONS

小室哲哉作品のヒットメドレー
TK WORKS super tune-BEST SELECTIONS


TK WORKS super tune-BEST SELECTIONS

今(令和2年3月)車の運転中に聴いているCDはこれ。

小室哲哉プロデュースのヒット作品を集めたオムニバスである。

安室奈美恵、globe、TRF、浜田雅功(H Jungle with t)、hitomiの曲が収められている。

久し振りに聴くと懐かしい。高揚した楽しい気分で運転できる。

hitomiは余り覚えがなくて、「CANDY GIRL」は新鮮な印象である。

このCDは曲の間が途切れずに続く仕様になっている。こういうのをDJ風とでもいうのだったか。

収録曲

1:Feel Like dance
2:BOY MEETS GIRL
3:Body Feels EXIT
4:FACE
5:a walk in the park
6:PRETTY EYES
7:GOING GOING HOME
8:Can’t Stop Fallin’ in Love
9:CANDY GIRL
10:Don’t wanna cry
11:寒い夜だから…
12:wanna Be A Dreammaker
13:Chase the Chance
14:EZ DO DANCE
15:DEPARTURES
16:WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント〜


若くなくなった今では新しい流行歌がさっぱり耳に届いてこない。どんな歌手がどんな曲を歌っているのかさっぱり分からない。そんな状態なので、もっぱら昔よく聴いていた曲を今も聴くことにしている。





| 小室哲哉作品のヒットメドレーTK WORKS super tune-BEST SELECTIONS | ポップス CD |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

新型コロナウイルス重症化を防ぐなら軽症でのウイルス検査が必要

新型コロナウイルス重症化を防ぐなら軽症でのウイルス検査が必要だ

 新型コロナウイルスに感染したかどうかのウイルス検査が簡単には受けられないという問題は解消したのだろうか。ウイルス検査が保険適用になったとかテレビニュースは伝えているが、それで検査は実際に受けやすくなっているかどうかが分からない。

 先日もある県で感染が確認された人について、三つか四つの病院を計8回位受診してやっと感染が確認されたという事例が報告されていた(令和2年3月8日のニュース)。患者自身が粘り強く病院を受診しないと検査してもらえない、即ち感染確認にまで至らないということか。

 風邪のような症状で軽症の人は、病院に行かず自宅で療養していなさいという。しかし、その人は自分がただの風邪なのか新型コロナなのか分からないのである。仮に新型コロナだとすれば、自宅で療養している間に周囲の人に感染させてしまうことになる。また、患者本人も症状が進んで重症化する恐れもある。

 それに自宅にいろと言ったって軽い風邪の症状ならば仕事もするだろうし、外出もするだろう。でも、新型コロナだと分かっていれば、家に閉じこもるのである。

 新型コロナウイルスに感染した人が重症化するのを防ぐというのが現下の対策の主眼ならば、結局軽症の段階でウイルス検査をして、ただの風邪なのかコロナなのかをはっきりさせるしかないという理屈にならないか。

 検査も受けないで自宅で療養って何?。風邪の症状で病院を受診する人を全て検査して感染の有無を確認するのが一番効果的な感染拡大予防策ではないか。テレビに見る識者らの論調ががそういう方向に進んでいかないのが不思議である。


JUGEMテーマ:社会の出来事



| 新型コロナウイルス重症化を防ぐなら軽症でのウイルス検査が必要 | ニュース |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

トイレットペーバーを買いだめする人の心理が分からん 新型コロナ

トイレットペーバーを買いだめする人の心理が分からん

 新型コロナウイルスは何かと厄介な奴だ。

 先週の土曜日(令和2年2月29日)、あるスーパーに買い物に行ったときにトイレットペーバーやティッシュペーバーを置いてある棚から商品が消え、きれいにスッペンペンになっているのを偶々見た。

 うゎ、何だこれは…と一瞬びっくりしたが、そう言えばネットでそんなニュースのタイトルを見かけたかもと事態を了解した。ネットのニュースは一部地域のことかと気にも留めなかったので、記事の中身までは読んでいなかった。

 三日後にもう一度棚を見てみると新たに入荷したのか商品がいくらか置いてあり、さすがにこの後は無くならないだろうと思った。そして今日(令和2年3月4日)どうなっているだろうかと野次馬よろしく棚を覗いてみたら、またきれいにスッペンペンになっていた。昨日の今日である。

 おもしいのう…

 トイレットペーバーの在庫が無くなるかもしれないという噂はデマだと、もうみんな分かっているのである。テレビニュースなどで広く知れ渡ってもう数日が経っているのである。それなのにトイレットペーバーやティッシュペーバーを買っていく人がいるということだ。

 先週の買い物の際にトイレットペーバーを手に2袋ぶら下げている年配の人を見かけた。もしかして年配の人が主な購買層なのだろうか。でも、年配の人はSNSをしないからそんな噂をいち早くどこで聞きつけたのだろう。自分の子供からでも聞いたのか。

 富山みたいな田舎でもこんなことが起きるんだなあ。

 石油ショックのときだって富山の田舎ではトイレットペーバーは無くならなかった。トイレットペーバーなんかそう簡単に無くなるわけがないじゃないかと思うんだけど。

 人間ちゃ、おもしいもんだのう…



JUGEMテーマ:富山、今



| トイレットペーバーを買いだめする人の心理が分からん 新型コロナ | ニュース |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

マスクを除菌スプレーで再利用 新型コロナ対策

マスクを除菌スプレーで再利用 新型コロナ対策



 先日ドラッグストアに行ってみたが、マスクが売り切れて店頭にない。入荷のメドも立っていないようだ。マスクが店頭から無くなるなんてことが本当に起きるんだなぁ。店内で商品を見ている間にも、何人かの客が訪れては店員にマスクがあるかを尋ねていて、その都度店員が売り切れの旨返答していた。

 昔、石油ショックのときにトイレットペーバーが無くなるといって、我先に買い求める人々の様子が報じられたことがあったが、あのときだって自分の周囲ではトイレットペーバーが無くなることはなかった。この度は新型コロナウイルスの影響で世の中えらいことになってきた。

 このあいだ2年振りに風邪を引いただけでも身体がだるくて面倒な思いをしたのに、コロナウイルスなんかに感染してはたまらん。と言う訳で、どれくらい効果があるか分からないけど、とりあえずマスクを着用することにした。

 今どきのマスクが基本的に一回限りの使い捨てのものだと知ったのは、つい数年前である。しかしながら、マスクが品切れで入手できないのだから、手持ちのマスクを再利用して使うしかない。そこで、一度使用したマスクを除菌消臭するためにファブリーズを使うことにした。

 ただ困るのは、ファブリーズは消臭するといいながら、ファブリーズ自体が独特のニオイがすることである。ファブリーズを噴霧したものに残るこのニオイが好きではない。そこで今回見つけたのが、ファブリーズの香料無添加タイプである。ウラのラベルの成分表示に「香料」が含まれていない。

 これを試してみたところ、マスクにファブリーズ特有のニオイが残らないことが分かった。コロナウイルスを除菌するかどうかは不明だが、当面これでマスクを長持ちさせるしかない。

 新型コロナウイルス感染拡大予防のため各種イベントの中止が報じられたと思ったら、今度は全国一律に学校の休校が政府から要請された(令和2年2月末)。高校入試も間近だし、年度替りでいろいろと大変な時期である。現場や家庭は混乱するだろうけど、対応するしかないか。





JUGEMテーマ:健康



| マスクを除菌スプレーで再利用 新型コロナ対策 | ニュース |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

新型コロナウイルスの政府対応に映画「新ゴジラ」を思い出す

新型コロナウイルスの政府対応に映画「新ゴジラ」を思い出す



 テレビは新型コロナウイルス関連のニュースを連日伝えている。今朝の「あさチャン」(TBS系列令和2年2月26日放送)は、新型コロナウイルスの検査が十分になされていない現状を伝えていた。

 医療機関を受診した患者がウイルス検査を望むと医師から保健所に相談するように言われ、保健所に事情を説明しても中国への渡航歴がないためウイルス検査を受ける条件に該当しないとして断られる事例が起きているという。

 病院で患者を診察した医師がウイルス検査を必要と判断し保健所に検査を要請しても、保健所はやはりウイルス検査を受ける条件に該当しないとして検査を認めない事例もあるという。「あさチャン」では数日前にも医師がこの話をしていた。

 こうして診断がつかない患者は的確な医療を受けられないままでいるらしい。

 ウイルス検査は民間会社で検査キットも作られておりもっと検査の数を増やすことができるようだ。現行のような保健所を通す仕組みではなく、医療機関から直接検査機関に依頼する形にしてウイルス検査を受けやすくすることが求められている。

 医療現場から問題が指摘されているのに、なぜ厚生労働当局はすぐに改善することができないのか不思議に思う。新しい出来事のため現行の法制度の下では対応できないというのだろうか。

 数年前の映画「シンゴジラ」に描かれている、既存の法体系に縛られて迅速に対処できない政府の対応を思い出す。

 一刻を争う場合であれば安倍首相のツルの一声で何とかならないのだろうか。人が命を落として法律が残ったって仕方がない。





JUGEMテーマ:社会の出来事



| 新型コロナウイルスの政府対応に映画「新ゴジラ」を思い出す | ニュース |
| comments(0) | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/39PAGES | >>