スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

大河ドラマ龍馬伝 大政奉還建白で最終回迫る

大河ドラマ龍馬伝 大政奉還建白で最終回迫る

 龍馬伝(完結編)

 NHK大河ドラマ龍馬伝は、終盤を迎えています。早くも一年が過ぎたということで、時の速さに驚きます。

 普段テレビドラマは全く見ないのだけど、龍馬伝は第一回から欠かさず全て見ました。毎回録画もしました。福山雅治の龍馬伝は本当に見応えがあると思います。今年一年は毎週日曜日に放送される「龍馬伝」が、とても楽しみでした。龍馬伝が終わると、また見るテレビドラマがなくなるので、とても残念です。

 香川照之演じる岩崎弥太郎は、良かったと思いました。なりふり構わず一生懸命だけれど、どこか滑稽なところが面白かったです。京都で龍馬を探索したあと土佐に帰る山道で、真剣な顔つきで先を急いでいるのにこけてしまうところが可笑しい。

 長崎に行ったら坂本龍馬が大変な人気で「どいつもこつも龍馬、龍馬ばかり言うて」と癇に触って暴れたり。

 お元との対応でも、龍馬とお元なら出来過ぎというべき関係で推移するのに、「おまんは俺と同じで田舎者の臭いがする」と大人げない本音をおかまいなしに言ったり。

 龍馬伝(4)完全小説版


 近藤正臣演ずる山内容堂が良かった。近藤正臣といえば昔はクールな二枚目役でコートが似合う印象だったのに、歳を取って今回は憎たらしい殿様役がぴったり。

 「憎しみからは何も生まれないと母上が教えてくれた。」これは、初期の放送でも龍馬が言っていた科白です。でも、大殿様に言上する言葉としてはややおセンチかと。このあたりがどうもNHK風に感じてしまいます。
 
 山内容堂が「おまんはどうしてわしが大政奉還建白を書くと確信しておったか」と尋ねたら、龍馬は武市半平太と山内容堂の牢内の出来事を答えました。なるほどこの場面の伏線だったかと、思いました。うまいこと作ってあります。


 青木崇高演じる後藤象二郎が、後半は格好良かったと思います。恰幅をよくするために、わざわざ太ったとか。

 後藤象二郎と坂本龍馬の会見や山内容堂への直訴の場面などは、双方のやりとりに緊迫感が漂っていて、見応えがありました。緊迫感があると、場面の結末が難しいですね。山内容堂との場面では、龍馬の返答を聞いた容堂が、黙って立ちあがって戻っていくところが様になっていたと思います。

 後藤象二郎との会談では、ふすまの陰で互いの軍勢が事あらば斬りかかろうと殺気だっていたのが良かったけど、最後に上士と下士がみんなでシェイクハンドをしたのは無理矢理だったかと…。


NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.3




おすすめDVD記事
DMM レンタル
龍馬伝 DVD
ヨコミネ式保育園 DVD
ガメラ DVD
ウルトラQ DVD



JUGEMテーマ:NHK大河ドラマ「龍馬伝」

| 大河ドラマ龍馬伝 大政奉還建白で最終回迫る | 龍馬伝 |
| comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |

▲このページの先頭へ

大河ドラマ龍馬伝 龍馬とお龍 お風呂は熱くないといかんぜよ

大河ドラマ龍馬伝 龍馬とお龍 お風呂は熱くないといかんぜよ


 大河ドラマ龍馬伝はあと少しで最終回を迎えようとしています。ということは早くも一年が過ぎようとしているということです。この間始まったばかりだと思っていたのに、あと2回で終わり。本当に早いものです。

 第4部は坂本龍馬の周囲に敵が増えて、いつ誰に襲われてもおかしくない状況になっていく様子を描いています。龍馬暗殺への伏線といえるでしょうか。



 キリシタンのお元はどうなるかと思ったら、最後は船で異国に旅立ちました。幕府に捕えられて流刑になるのは気の毒だけど、いかに自分が信じるキリスト教の国とはいえ言葉も通じない異国に行けば大変な苦労だろうと案じられます。しかし、あんな広い砂浜で運良く龍馬に見つけられるのが、ドラマではあります。

 蒼井優は場面ごとに見せる表情が上手いなあと思いました。後藤象二郎と坂本龍馬の会見に同席した場面のびっくりしたような表情など、良かったと思います。



お龍 真木よう子写真集

 先日「笑っていいとも増刊号」のテレフォンに真木よう子が出ていて、龍馬伝についても少し話していました。意外にも、福山雅治の台詞にはアドリブもあるということです。

 「お風呂を沸かして待っているわ」という真木よう子のセリフがあり、台本どおりに進んだあと、すぐにカメラが止まらなくて、福山雅治が真木よう子の耳元で「お風呂は熱くないといかんぜよ」とアドリブで言ったとか。真木よう子は、可笑しくて笑いをこらえるのに必死だったと言っていました。

 龍馬が長州でお龍と再会する回の放送を見ていたら、福山龍馬が「風呂はアッツ〜くないといかん」みたいなセリフを言っていて、この場面のことだと分かりました。真木よう子演じるお龍は笑顔で嬉しそうな幸せそうな表情をしていましたが、実際は本当に笑っていたのかもしれません。

 さて、龍馬伝の放送が始まる頃、龍馬とお龍の混浴シーンがあるかもしれないと宣伝されているのを見ましたが、結局二人の入浴場面はなかったようです。まあ、龍馬伝に龍馬とお龍の混浴シーンなどなくてもいいと思いますけど。人様の混浴場面を見ても、どんな顔をして見ていればいいか分からないしね。でも、どうしてそんなつまらない、思わせぶりな情報を流すのだろうかと、それが不思議。そういう場面を期待している人もいるのかな。

 おまけ




おすすめDVD記事
DMM レンタル 無料
龍馬伝 DVD
ヨコミネ式保育園 DVD
ガメラ DVD
ウルトラQ DVD




| 大河ドラマ龍馬伝 龍馬とお龍 お風呂は熱くないといかんぜよ | 龍馬伝 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

龍馬の秘策 NHK大河ドラマ 龍馬伝第3部

龍馬の秘策 NHK大河ドラマ 龍馬伝第3部


龍馬伝(後編)

 番組冒頭で、高杉晋作の奇兵隊など下級武士たちが挙兵したシーンが映っていました。長州藩の穏健派(俗論派)が藩の中枢から追われ、また攘夷派(正義派)が長州藩を動かすことになったようです。

 坂本龍馬を中心にして芝居が展開しているので、当時の背景がいまひとつよく分かりません。西暦1865年頃、元号で言うと、元治元年、元治2年、慶応元年ごろの話です。

 第3部の背景を少し整理してみると…

第一次長州征伐が終わったところ。征長総督参謀は西郷吉之助でした。
この直後に、長州藩では奇兵隊などが挙兵して政権を奪い、藩論が転換。
これを受けて幕府は諸藩に長州再征(第二次長州征伐)を発令します。

長州は、第二次長州征伐に対し徹底抗戦する構えなので、戦うためには武器が必要。幕府に対抗するためには新しい西洋式の武器を調達したい。

外国商人は幕府の圧力などにより、長州に武器を売らないので、長州はどのようにして西洋の新式武器を調達するか。

また、薩摩藩は、第二次長州征伐に際し幕府との関係でどのような態度を取るか。

 大体こういう動きの中でドラマが進んでいくようです。

     

 ところで、芸妓お元は切支丹という設定だったのですね。なるほど長崎が舞台ですから。何だか盛り沢山です。マリア様の像を心ならずも踏んで詫びを請うのはいいとして、坂本龍馬の身辺を探ったり嘘を吐いたりすることは良心に反しないのだろうかと思ってしまいました。まあ、難しいことはいいですか。

    






暮らしに役立つ情報
ショッピング
知育玩具
ベビーカー
マリンレジャー グッズ
| 龍馬の秘策 NHK大河ドラマ 龍馬伝第3部 | 龍馬伝 |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

新天地長崎 龍馬伝 第3部始まる

新天地長崎 龍馬伝 第3部始まる


龍馬伝(後編)

 大河ドラマ「龍馬伝」の第3部が始まりました。舞台は長崎に移ります。

 武市半平太の切腹と岡田以蔵の処刑で幕を閉じた第2部最終回から、話は一気に飛んで、龍馬たちは長崎にいました。結局、龍馬たち一行は西郷さんを頼って薩摩藩の世話になったということですね。その辺りの経緯があるものと思っていたのですが、話はついて薩摩の船で同行したところから始まるようです。

 それにしてもすごい設定だと思います。西郷さん率いる薩摩藩士と龍馬たち一行と高杉晋作ら長州藩たちが、丸山の料亭引田屋(ひけたや)に一同に会することになってしまった。
 龍馬が海軍操練所という言葉を口にすると井上聞多らが跳びはねたので、津和野藩じゃないな、長州だろうと言い当てるあたり、カッコいいなあ。薩摩藩士が乗り込み暴発か、と思いきや龍馬が発止と最初の太刀を受け止め、大音声で周囲を制す。格好いいなあ。次いで、奉行所の捕り方が駆けつけ、絶妙の引き際。
 今回の最大の見せ場だったこの場面、お芝居とは言え少々出来過ぎではないかと。


 芸妓お元は、実際には龍馬とどんな関係だったのが知りませんが、ドラマの始まりは奉行と通じて密告なんかするのですか。

    

 蒼井優は、フラワーズの宣伝で、白無垢を着て駆けているシーンが印象的です。白無垢のような着物を着て走ることはないから、これは何だとつい画面に見入ってしまいます。
それなのにその蒼井優が密告ですよ。できれば顔に応じた役柄にしてくれないかなあ。龍馬伝に登場する女は、癖のある人物が多い。

 ところで西郷さんは、何だか漂漂としている。

    








暮らしに役立つ情報
ペットボトル 有効利用
車 旅行
寝具
ホームパーティー
LED
スロートレーニング
| 新天地長崎 龍馬伝 第3部始まる | 龍馬伝 |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

大河ドラマ「龍馬伝」DVD BOX1

大河ドラマ「龍馬伝」DVD BOX1

【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]



 福山雅治主演NHK大河ドラマ「龍馬伝」のDVD(BOX1)が、9月22日に発売されます。

 9月22日はまだ第3部放送中。この時期のDVD第一弾発売は、大河ドラマ史上最も早いということです。また、ブルーレイも発売され、これも大河ドラマ史上初。
さらに従来は、大河ドラマDVDは2BOXでしたが、「龍馬伝」は4BOXになる予定で、これも大河ドラマ史上初だとか。
 初回生産限定の特典として、全4BOXが収納できる「龍馬伝 特製収納箱」も付いてきます。

 「龍馬伝」の人気の高さが分かります。こんなに人気があると、来年の大河ドラマはやりにくくなるのではないかと余計な心配をしてしまいそう。
 NHK大河ドラマ「龍馬伝」DVD(BOX1)は、只今予約受付中。

       

 普段テレビドラマを全く見ないものだから、「龍馬伝」で初めて見る役者さんがたくさんいます。若い役者さんはほとんどそう。

 千葉佐那役の貫地谷しほりもその一人。きりっとした表情で滅多に笑顔を見せない役作りは、ぴったりのような気がしました。自分の中では、貫地谷しほりは千葉佐那というイメージが定着してしまったので、テレビCMで「電化って、きっといい変化」と笑っているのを見ると、あなたの方こそとっても変化…。

 武市半平太の大森南朋も、テレビCMで見ると全くイメージが違って戸惑います。勤王党首領がスーツを着て大変な違和感です。CMは勝手に目に飛び込んでくるので、見ない訳にいかないし。

 お龍の真木よう子も初めて知りました。何だかぶっきら棒なお龍を演じていて、実際のお龍がどんな人物だったか知りようもないわけだが、もう少し可愛げがあった方が好ましい。「龍馬伝」が終わったらテレビドラマは見なくなるので、これが真木よう子のイメージとして定着してしまいそうです。でも、これからドラマの中で変わるのかな。「う〜、み」とか言うようになっているから。


龍馬伝(後編)



| 大河ドラマ「龍馬伝」DVD BOX1 | 龍馬伝 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

武市半平太切腹 「龍馬伝」第2部終わる

武市半平太切腹 「龍馬伝」第2部終わる

【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]



 NHK大河ドラマ「龍馬伝」は第2部を終え、間もなく第3部が始まります。これまで第一話からすべて見ており、役者陣が熱演していてなかなか面白いと思います。

 「龍馬伝」を見ているといろいろと思い浮かぶことがあります。

 番組冒頭にキャストの名前がテロップで流れます。これを見ていると、年齢の高い人が最後に登場しているのでしょうか。岩崎家の様子が映るときは、倍賞美津子の名前が最後に登場します。主演は福山雅治なのだから、最後は福山雅治でいいと思うのだけど、その回によって最後に出てくる名前が違うので、NHKは年齢順にしているのかもしれない。

 近藤正臣演じる土佐藩主山内容堂が鬼気を感じさせます。土佐藩主山内容堂は酒飲みだったということだけど、あんなふうにいつも千鳥足だったのかな。武市半平太切腹の回では、牢屋にまでやってきて話していったけどあれは本当だろうか。

 「龍馬伝」はどこまでが史実で、どこまでがドラマなのかよく分からず、そこはいつも気になります。ドラマの部分が多いことは間違いありません。例えば、坂本龍馬が勝海舟と初めて面会した場面は、史実通りではない。ここは有名な話なのに何故あんな風に作り話にしたのか、その意図が不明。

 それ以来「龍馬伝」はおおむね作り話のドラマだと思って、楽しんで見ればいいと思っています。でも、武市半平太とその妻の間に子がないことに関して、半平太の律儀振りを表すエピソードを坂本乙女に語らせるなど、ときどき実話も挟んでいます。

 武市半平太の切腹は史実を再現した、撮影はドキュメンタリーを撮るようだったと、雑誌サピオに書いてあったので、放送では迫真のシーンを期待していたが、切腹場面は淡々としていたように思います。サピオの話は、古式に則り腹を三回切ったことを再現したと言っているようです。切腹のあと、半平太が事切れて倒れていたが、介錯はしなかったものでしょうか。


【国内ドラマCP】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-1(season1)







暮らしに役立つ情報
トイデジカメ ViviCam5050 デジタルハリネズミ
3Dデジカメ
速読トレーニング
眼力トレーニング
オサート 近視


| 武市半平太切腹 「龍馬伝」第2部終わる | 龍馬伝 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

マスコット人形「りょうまくん」

マスコット人形「りょうまくん」

 大河ドラマ龍馬伝の放送にあやかり、坂本龍馬にまつわるグッズやサービスが登場して人気を集めているようです。



 坂本龍馬が手紙に書いたり周囲に語ったりしたとされる名言があります。そのうちのいくつかを聞くことができる竜馬のマスコット人形です。
「自分流で生きんといかんぜよ」「我がなすことは我だけが知る」
「くよくよしてちゃいかんぜよ」「でっかい夢をもたなきゃいかんぜよ」
「心はいつも太平洋ぜよ」「小さなことにこだわってちゃいかんぜよ」

 刀を押すと、これらの言葉を人形がランダムに発します。
 昨年暮れの発売ですぐ売り切れ、今回再販ですがすでに残り少なくなっています。
 龍馬人気はますます高まっているようです。
【2010年4月中旬再販】りょうまくん


 高知には龍馬の絵が浮かぶラテを飲めるカフェがあるそうです。
 お店の名は、Cafe de Amelie (カフェ ド アメリ)。

 写真でよく見る竜馬の顔をクリームとチョコでデザインした似顔絵が、カフェラテに浮かんでいます。とても良く似ているし、人気がありそうですが、手間がかかりそうだから、お客がたくさん来ると作る人は大変かも。
高知旅行の記念に面白いと思います。


 坂本龍馬が長崎での活動拠点としていたのは「亀山社中」です。その記念館では、竜馬の肉声を携帯電話で聞けるそうです。声は龍馬の体型や骨格などをもとに、コンピュータで復元したものです。
 問合せ先は、長崎商工会議所、長崎市観光課。






おすすめDVD記事
DMM レンタル 無料
ガメラ DVD
ウルトラQ DVD
龍馬伝 DVD
ヨコミネ式保育園 DVD
| マスコット人形「りょうまくん」 | 龍馬伝 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

龍馬伝 第三回 1月17日放送

龍馬伝 第三回 1月17日放送


坂本龍馬をめぐる旅

 坂本龍馬をはじめとして、幕末維新に関心があったので、かつて維新の歴史に関係のある史跡などを訪ねたことがあります。もっとも多いのは京都です。京都には、幕末関連の史跡がたくさんあります。

 今ダイハツのCMで、おりょうが二階にいる龍馬に急を知らせる場面があります。これは伏見の寺田屋での出来事です。ここは確か柱に竜馬の刀傷があったと思います。旅館として営業しながら、竜馬が投宿した部屋を開放して見学させてくれるところで、私も見に行ったことがあります。

 伏見ではなく、京都の街中にも龍馬が良く泊まっていた宿があったはずで、そこは今は旅館ではなく、何か女性向けのお店になっていたと思います。見学自由と書いてあったので、その二階の部屋も見に行ったことがあります。ただ、ここは当時の雰囲気を窺い知るものはなかったので、でかい男がうろうろしているのは何となく場違いな気がして、早々に出てきました。

 高知(土佐)には行ったことがなく、機会があれば一度行ってみたいと思いながら今日に至っています。前回のテレビを見ていたら、竜馬の生家跡は記念碑が建っているだけみたいでした。今回の放送では、岩崎弥太郎の生家跡を紹介していました。

 記念碑や銅像だけ見るのはちょっと寂しいので、少し下調べをして高知を訪ねてみたいものです。でも、やはり遠いのでいつになるやらとは思います。



高知・長崎・京都龍馬が活躍した場所の蔵元さんが「龍馬伝」を記念して造った焼酎セットです特...





おすすめDVD記事
DMM レンタル 無料
ガメラ DVD
ウルトラQ DVD
龍馬伝 DVD
ヨコミネ式保育園 DVD

| 龍馬伝 第三回 1月17日放送 | 龍馬伝 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

龍馬伝 第2回

龍馬伝 第2回

 坂本竜馬は「竜馬がゆく」などで読んだことがあり関心があるので、龍馬伝を初回に引き続きテレビで見ました。岩崎弥太郎の出番が多いような気がするが、岩崎とのからみで物語が進んでいくのだろうか。

 岩崎弥太郎はのちの三菱の創業者として有名です。三菱のマークは菱形が三つ。菱形三つのデザインは土佐藩の紋様が元になっています。これらも「竜馬がゆく」など幕末の物語を読む中で知りました。



 竜馬の堤修理の差配は、そういえばそんなエピソードがあったかもしれない。本を読んだのはもう随分前なので忘れたこともいろいろあります。何だかおかしなところで年月の経過を感じてしまいます。
 平井の妹(広末涼子)は、堤の工事のときに本当にあんな直截に思いを伝えたのかなあ。気持はそのとおりだったとしても、何だか少し現代風に感じます。農夫たちが戻ってくる場面も、ちょっと唐突な気がしました。まあ、ドラマだから、あまり難しいことはいわなくてもいいでしょうか。

 竜馬が修行に行く江戸の千葉道場は、江戸の三大道場のひとつです。ちなみに、その三つの中のひとつ齊藤道場の創立者齊藤弥九郎は、富山県氷見の出身です。

 竜馬は剣術が強かったので、剣術の場面をもっと観たいように思います。でも千葉道場でも女性が登場すると思うので、剣術よりそちらの話題になるのかもしれない。


NHK大河 龍馬伝 前編






おすすめDVD記事
DMM レンタル 無料
ガメラ DVD
ウルトラQ DVD
龍馬伝 DVD
ヨコミネ式保育園 DVD
| 龍馬伝 第2回 | 龍馬伝 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

竜馬伝始まる

竜馬伝始まる


竜馬がゆく(1)新装版

 竜馬伝が大河ドラマで始まりました。NHKはかなり力を入れているようです。主演の福山雅治が紅白の途中で長崎からの中継ということで時々顔を出し、元旦もNHKを見ていたらまた長崎からの中継で出演していました。

 私は大河ドラマは見ません。でも、坂本竜馬は好きで以前は本も良く読んだので今回はテレビを見てみることにしました。

 大河ドラマは時代劇というより、現代人が昔の衣装を着て現代のドラマを演じている印象があって、面白いと思ったことはほとんどありません。

 今回竜馬伝を見ていて、竜馬役の福山雅治はいいと思いました。
 また、子役の竜馬が福山雅治そっくりでした。
 竜馬は縮れ毛だったようなので、子役も福山雅治も適役のように思いました。
 画面の色合いがやや昔の白黒のような、夕日に照らされているような雰囲気を出していたのも、いい感じだと思います。
 喧嘩のシーンなど、カメラがコマ送りのように映すのも、多少わざとらしい感じはあるものの、許容範囲のように思いました。

 「闘いでは何も解決しないと母上が教えてくれた」
 おお、危ない危ない。また、NHKの現代風の主張が始まったかと、つい警戒してしまいます。でも、福山雅治が言うので、許されます。竜馬が実際にそう言ったかどうかはともかく、そう思っていたことはあり得るという気にはなります。

 福山雅治が演じる竜馬は、もう少し見てみようかと思いました。



【国内ドラマCP】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-1(season1)







おすすめDVD記事
龍馬伝 DVD
ヨコミネ式保育園 DVD
ガメラ DVD
ウルトラQ DVD
DMM レンタル 無料
| 竜馬伝始まる | 龍馬伝 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |