スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

特急サンダーバードのグリーン席に初めて乗車

特急サンダーバードのグリーン席に初めて乗車

新大阪
新大阪駅に入って来たサンダーバード

 これからは、関西方面へ行くときは金沢でサンダーバードに乗り換えることになる。グリーン席や指定席で希望の席に座るためには、座席配置をあらかじめ知って切符を購入しなければならない。

 北陸新幹線開業後、サンダーバードの車両編成がそれまでと逆の向きになった。従来は1号車が大阪側、9号車や12号車は富山側であったものが、今は1号車が金沢側、9号車や12号車が大阪側となった。たまたま「鉄道ファン」を読んでいたら、この車両編成の向きを変えるために、深夜にサンダーバード各編成を大阪方面まで回送させたと書いてあった。そんな大変なことをしていたのかと、初めて知って驚いた。これにより車両編成の向きは、「しらさぎ」と統一されることになった。

 北陸新幹線開業後のサンダーバードの座席配置は次のようになった。

大阪行き(上り)のグリーン車
サンダーバード1号車(最後尾) 
進行方向右側(海側)窓A席 午前中に日が射さない 隣にB席あり
進行方向左側(山側)窓C席 琵琶湖が見える
車窓を広く見られる席→奇数番号

大阪行き(上り)の指定席
海側窓A席 午前中に日が射さない
山側窓D席 琵琶湖が見える
車窓を広く見られる席→偶数番号


 5月のある日曜日、山陽新幹線を新大阪駅で降りて、サンダーバードに乗り継いだ。新大阪14時16分発のサンダーバード25号金沢行き。初めてサンダーバードのグリーン席に乗車した。座席はC席偶数番号である。

 座席は広くてゆったりしている。何だかいつもと車内前方の見え方が違う。実は指定席などより背もたれの幅が広く背が高い。目の前の背もたれが壁になって自分の席より前方の車窓が目に入らない。これは意外であった。車窓を俯瞰するには、普通車の方が良さそうである。

 また、前の座席の背もたれにテーブルがない。テーブルは自席の肘掛に収納されているのを引っ張り出して使う。これがやや小振りである。

 敦賀を出た15時半ごろから夕食にして酒を飲み始めた。これまでなら富山まで乗っていられたから、その到着時間に合わせればこんなに早く食べなくても良かったのである。しかし、今は金沢で降りなくてはならない。金沢には16時53分到着予定。そこから逆算して早い夕食となったわけである。

 窓の外では中学生だろうか野球の練習をしているのが目に入る。こちとら早々と酒を飲み始めて、いかがなものだろうかと思う。

 気分が良くなっているうちに金沢に到着。サンダーバードを降り、乗り換え口へと向かう。改札機に人が集中して、越後湯沢で見たのと同じだなと思いながら、改札機に切符を入れて進むと、何と扉がバタンと大きな音を立てて例の通せんぼをするではないか。おっと、一体どうしたことだ。

 すぐに張り付いていた駅員が跳んでくる。これも越後湯沢と同じ。駅員は切符を見て、新幹線の切符も云々と言う。

 新幹線の切符?

 頭に浮かんだのは山陽新幹線のそれ。でも既に新大阪で回収されている。ああ、これから乗るやつかとやっと気が付いて、カバンから北陸新幹線の切符を取り出した。

 頭では金沢で乗り換えると分かっているのである。しかし、無意識のうちにサンダーバードが最後だと思っている。足は乗り換え口へ向かっても、酒も回って自然に体はいつもどおりに動いたのである。富山まですぐのところで、改めて別の電車で出発するという意識がない。

 つるぎに乗り込んだのは発車3分前。意外に時間の余裕がない。只今の金沢での通せんぼを振り返っているうちに、すぐに富山に着いた。

金沢乗換口
金沢駅乗り換え口


JUGEMテーマ:鉄道・駅


| 特急サンダーバードのグリーン席に初めて乗車 | 富山 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

北陸新幹線で富山から金沢まで往復

北陸新幹線で富山から金沢まで往復



北陸新幹線つるぎ号に初めて乗車の続き

 金沢での所用を終えて、富山に帰るため金沢駅に行くと、はくたか号の発車間際である。これに飛び乗ることはできるが、自由席の窓際に座れないなら面白くない。後発のつるぎ号までは50分程時間がある。滅多に金沢まで来る機会もないことだし、少し駅の中を見て歩いて、後発のつるぎで帰ることにしよう。

 駅中のお店を少し見たあと、入場券を買って在来線のホームへ。サンダーバードと並んで、以前のはくたかの車両が入線してきた。見るとこれは「能登かがり火」として運用されているようだ。

 目当てのサンダーバードの車両をチェックすると、以前は大阪よりが1号車だったが、今は金沢よりが1号車になっていて、以前と向きが反対になっている。グリーン車や指定席で好みの席を指定するときは、注意が必要である。


E7系

 改札を通り新幹線ホームへ。つるぎ号は既に待機している。マークを確認すると、何とJR東日本のE7系である。つるぎは富山金沢間で運行されるので、てっきり全てJR西日本のW7系かと思っていた。どうやらローテーションが組まれているものと思われる。

 JR東のE7系ということは、必ずしも新車とは限らない。E7系は昨春から一足早く長野新幹線あさま号として、それまでの車両と順次入れ替えられてきた。だから既に東京長野間を走っていた編成もある。尤もそれにしても一年以内だから、新しいことには違いはないが…。

 金沢駅15時6分発つるぎ714号に乗り込む。車内アナウンスが、サンダーバードの到着を待ってから発車すると伝えている。サンダーバードが全て金沢発着となった今、これが本来のつるぎの役割である。

 往きと同様、帰りも乗客はまばらである。帰りは山側の車窓を見る。防音壁に遮られて、近くの在来線の線路や道路が見えないので、どこを走行しているのか分からない。これが新幹線の車窓事情である。どこそこの辺りだろうかと思っているうちに駅に到着する。15時29分富山駅着。

 さて、金沢まで往復で運賃は5620円。在来線の特急よりもかなり高い。今後の金沢行きは新幹線にするかあい鉄にするか、どうしたものかな。




JUGEMテーマ:鉄道・駅


| 北陸新幹線で富山から金沢まで往復 | 富山 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

北陸新幹線つるぎ号に初めて乗車

北陸新幹線つるぎ号に初めて乗車

つるぎ
つるぎ713号

 北陸新幹線開業から一カ月が経った。開業前後のテレビが伝える大騒ぎもどうやら一段落したようだ。

 4月16日(木)、金沢へ行く所用ができて、ようやく北陸新幹線に乗る機会を得た。富山駅の新幹線ホームに立つのもこれが初めてである。開業後間もなく富山駅を通ったが、何しろ切符売場が行列で、並んでまで入場券を買う気にはならなかった。

 みどりの窓口は例によって長い列。外側に2台ある自動券売機はお客が並んでいるが、みどりの窓口の中にある3台の自動券売機は人が並んでいない。大抵こうで、KNBニュースでも伝えていたが、中にも券売機があることに気付かない人がちんと並んで待っている。

 初めて使う新幹線の自動券売機は画面が変わる度にあれこれ尋ねてしょわしないが、どうやら最後まで辿り着いて、無事に往復切符を買うことができた。

W7系

 往きは12時13分富山駅発つるぎ713号。ホームには既につるぎ号が鎮座ましましている。マークを見て、JR西のW7系であることを確認。W7系なら間違いなく新車である。E7系がどうかはまた改めて。

 ドアが開くのを待ってすぐに乗車。う〜ん、新車の匂いがする。せっかく乗るのなら、やはり新車でなければ。新品の客室の中を少し見て回る。

新車

 つるぎなので乗客は少ない。当方が乗った2号車は数人。車内は全く静かな空間である。

 新幹線は辷るように動き出した。静かである。乗り心地はこれまでに経験した新幹線のそれである。富山でこの乗り心地を感じているのが不思議な気分ではある。

 北陸新幹線の車両デザインは外から見る分には格好いいが、乗った場合を思うとひとつ気になることがあった。それは座席一列ごとの小さな窓である。つまり横長の窓ではない。景色を見るには、横長の窓の方が視界が広くて適している。案の定、ずっと景色を見ていると、横に向けているため首がやや疲れるようだ。

 金沢駅12時36分着。この間わずか23分である。


JUGEMテーマ:鉄道・駅


| 北陸新幹線つるぎ号に初めて乗車 | 富山 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

肌寒い天気が続いて松川べり桜の花が長持ち

肌寒い天気が続いて松川べり桜の花が長持ち


松川べり H27.4.10

 今年の春先は暖かくて、例年より早く、四月に入るなり早々に桜が開花した。しかし、桜が開花したあとに寒い日が続き、なかなかお花見日和とはならなかった。ただ、気温の低い日が続いたので、桜の花は長持ちした。

 写真は4月10日(金)に松川べりで撮影したもの。満開といえる状態がまだ続いていた。しかし、肌寒くて天気がすぐれず、春のポカポカ陽気に誘われてという雰囲気ではない。

 4月中旬までは小雨の降る日が多かった。春らしい陽気が全然感じられない。市役所に行ったついでに何度か松川べりを歩いたが、いつも同じような天気であった。

 去年は偶然、桜咲く松川べりでNHK富山の舘谷春香キャスターを見かけるなんてこともあったが、今年はそういう変わったこともない。あれから早一年が経ったことになる。月日が経つのは本当に早いといつも思う。

 今年は肌寒くてお天気は今ひとつだったけど、桜の花は綺麗で十分堪能することができた。


松川べり H27.4.10





JUGEMテーマ:富山、今


| 肌寒い天気が続いて松川べり桜の花が長持ち | 富山 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

もう降らんがかと思とったら、でかいと降った。

もう降らんがかと思とったら、でかいと降った。


松川べりH27.2.9

 月曜日(平成27年2月9日)朝、20センチ位の積雪がある。雪かきは軽い雪で早々に済ませることができた。日中は断続的に雪が降り続き、夕方までに新たに30センチ程積った。もう一度除雪。今度は少しくたびれた。

 
 明けて火曜日2月10日。また、新たに30センチ以上積っている。また、朝から雪かきである。もうこれぐらいにしてもらわんと困る。夕方にももう一度軽く除雪をした。

 車で仕事に出ると、道路は除雪されているが、圧雪状態になっている。


H27.2.10
 

 国道を走ると、国道も圧雪状態でデコボコである。通勤の時間帯はとっくに過ぎているのに、ノロノロ運転で渋滞している。路面がデコボコなので、速度を出せない車が多い。やれやれ、こんなときに車を点検に出す予約をしている。


 午後から用事があって富山駅に行ってみたら、みどりの窓口に長蛇の列ができていた。敦賀付近で貨物列車が倒木にぶつかって停車し、復旧まで時間がかかるという張り紙が出ている。

 こりゃダメだ。みどりの窓口に並ぶのは諦めた。




JUGEMテーマ:富山、今


| もう降らんがかと思とったら、でかいと降った。 | 富山 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

富山県丸ごと第三セクターになろうとは

富山県丸ごと第三セクターになろうとは

JR富山駅
間もなく見られなくなる光景
平成26年11月8日18時撮影

 富山県内の北陸線がJR西日本から切り離されて、第三セクターの「あいの風とやま鉄道」になる。北陸新幹線開業に伴う措置である。

 まさか富山県内の北陸線全部が第三セクターになる日が来ようとは…。

 第三セクターといえば、利用客の少ない田舎の赤字ローカル線が存続の危機に瀕して、それでも沿線住民の大事な足として廃止する訳にいかず、沿線自治体も加わり第三セクターとして生まれ変わり、何とか廃線を免れて存続するという、そんなイメージである。大抵は幹線から分かれる片田舎の支線で、JRから切り離されて大変だと思って見ていた。JR北陸線という大動脈が走る富山県には支線は別として関係ないことと思われた。

 それが何と、富山県を走る北陸線全部が第三セクターだと。富山県丸ごとJR西日本から切り離されてしまうわけだ。富山全体が田舎だったということだ。びっくりしたなあ。県庁所在地も含まれているのだ。

 かくして在来線の特急は全て廃止の憂き目に会い、通勤通学の足として普通列車だけが走る誠に第三セクターらしいのんびりした路線となる。これを残念といわずして何と言おう。これで北陸線は特急銀座ではなくなる。

 せめて朝方と晩くらいサンダーバードが乗り入れることはできなかったのだろうか。脈々と続いてきた「雷鳥」の歴史の終焉である。

 さて、今後、北陸新幹線が金沢から敦賀へと延伸された場合、その区間の在来線も全て第三セクターになるのだろうか。

平成27年1月30日記




JUGEMテーマ:富山、今


| 富山県丸ごと第三セクターになろうとは | 富山 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

JR城端線に乗り福野まで所用に赴く

JR城端線に乗り福野まで所用に赴く

城端線

 南砺市の福野町まで所用ができた。福野に行く機会は滅多にないのだが、それでも仕事の関係でこれまで何度が行ったことがある。今までは全て車での移動である。あちこち回らなければならないときは、車の方がいろいろと融通が利く。しかし、何といっても南砺市は遠い。車の運転はくたびれる。今度の用務先は福野だけなので、試しに鉄道を利用してみることにした。


10:30 富山駅発

 新型の普通列車に乗車。JR富山駅から新型車両の普通列車に乗車するのは、これが初めて。「あいの風とやま鉄道」の主力となる電車であろう。乗ってみると、三セク感が一杯の電車である。これについては、また改めて。

10:48 高岡駅着

 高岡駅に降りるのは初めてかな。そんなことはないだろう。でもいつここで降りたことがあるか記憶にない。連絡橋が新しくてきれいである。高岡駅はこんなにきれいだったかな。城端線のホームに移動。

10:55 高岡発

 7分で接続なので連絡は良い。JR城端線に乗るのは今回が初めて。長いこと富山に住んでいるのにな。車を運転していて、踏切待ちなどで城端線の列車を見たことは何度もあるが、乗るのは初めてである。

 のろい…。恐ろしくのろい。いくらディーゼルカーといっても、もっとスピードは出せるだろう。どうしてこんなにゆっくり走るのだろうか。音ばかり馬鹿でかくて、スピード感は路面電車といった感じである。

11:30頃 福野着

 城端線は単線で、福野駅でも上り下り線の行き違いがある。降車後これを見送る。

 福野駅に降り立つのは今回が初めてである。古くて趣のある駅舎である。田舎であるから駅前はガランとして何もない。人通りもない。今風のラーメン屋が一軒あって、帰りに前を通るとお昼は繁盛しているようだった。

 帰りの列車は12時31分発だから、約一時間の時間がある。今回の所用を済ますには丁度良い時間である。

 用務先を出て、お昼になったのでコンビニで何か買おうかと思い、辺りを歩いてみたのだが、生憎コンビニは見つからなかった。

12:31 福野発

 入線してくる列車を見ると、来たときと同じ車両である。終点城端で折り返してきたものと思われる。福野駅からの乗客は自分を含めて5人程。

13:05 高岡着

13:13 高岡発 しらさぎ5号

 少し待てば13時22分発の普通列車があるのだが、間もなく富山から姿を消す特急に今のうちに乗っておきたいので、先発のしらさぎに乗車した。

 速い!。城端線の速度に慣れたからだろう、凄く速く感じる。そう、これぞJR北陸線である。これから県内でこれを体感できなくなるのである。高岡富山間わずか12分。

13:25 富山着

 回送まで幾分時間があったが、これを見送る。精算窓口にて自由席特急券750円を精算。

 さて、JR城端線は北陸新幹線開業後はどうなるのかと、帰宅後調べてみると、城端線や氷見線はJRのまま続くらしい。北陸線の部分だけが三セクになるのだね。何だかややこしい。




JUGEMテーマ:鉄道・駅


| JR城端線に乗り福野まで所用に赴く | 富山 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

北陸新幹線開業2カ月前である

北陸新幹線開業2カ月前である



 今年平成27年も早1月14日である。この間、新年を迎えたばかりだというのに、早くも半月が過ぎたことになる。何という早いのであろうか。毎日あくせくと仕事に追われて、あっという間に月日が過ぎていく。ちょっと立ち止まって、辺りを見渡す余裕はないのであろうか。

 北陸新幹線開業の3月14日まで、ちょうど二カ月前となった。北陸新幹線の高架付近では、開業を控えたW7系の車両が試運転をしている姿を見かけるようになった。今日も富山駅付近でW7系が走っている姿を見たが、下から見上げているので防音壁から覗く屋根の部分しか見えない。

 北陸新幹線開業まで二カ月だというのに、富山駅前はいまだに工事が続いている。ローカルテレビニュースでは北陸新幹線の話題であんなに騒いでいるのに、現実が追いついていないではないか。いまだに工事中なんて、本当に開業に間に合うのだろうかと思う。とりあえず駅舎の中には入れるようにはなるのだろう。路面電車とか在来線の工事は北陸新幹線開業後もまだまだ続くらしい。まあ、いずれは完成するのだろう。

 準備万端整った金沢駅とはえらい違いである。それでなくても終着金沢への通過駅になるのではないかと懸念されているのに、バタバタと初っ端から大きく遅れをとって勝負にならない。これを富山らしいというのかどうか。まあ、金沢と比べてみても仕方がない。長い目で見ようということか。




JUGEMテーマ:富山、今


| 北陸新幹線開業2カ月前である | 富山 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

特急サンダーバードの美しい姿が富山と無縁になる

特急サンダーバードの美しい姿が富山と無縁になる

サンダーバード
富山駅を出発するサンダーバード大阪行
平成26年10月29日夕方富山駅にて撮影

 富山駅を出ていくサンダーバードの姿である。美しい。ところが間もなくサンダーバードのこの美しい姿が富山で見られなくなる。残念である。

 サンダーバードといえば金沢発もあるが、本来は富山発のものであろう。サンダーバードというと、県外の年長者は子供の頃に見た外国人形劇のサンダーバードを連想するかもしれない。また、富山県人でも若い人は何も思い浮かばないのかもしれない。サンダーバードは要は「雷鳥」であろう。昔の特急「雷鳥」である。それをモダンに言い換えたものである。

 本当は、鳥の雷鳥の正しい英語名は別にあって、直訳のサンダーバードではないらしい。しかし、「雷鳥」→「スーパー雷鳥」→「サンダーバード」と列車名を継承しているのだから、「サンダーバード」は「雷鳥」に因んだ名前と見るのが自然というものである。

 そして、雷鳥は言わずと知れた立山に生息する富山県の県鳥すなわちシンボルである。だから「サンダーバード」は富山を発着地とする列車なのである。それなのに北陸新幹線開業とともに、「サンダーバード」は全て金沢発着となる。

 尤もライチョウは白山にも生息するから、金沢が発着地となっても関係がないことはないとはいえる。しかし、白山の雷鳥は生息数が少ない。また、調べてみると石川県の県鳥は同じく白山に生息するイヌワシとのことである。

 やっぱり「サンダーバード」は富山を発着地としてこその「サンダーバード」である。それが富山に来なくなり、富山と無縁になる日が訪れようとは。

 最近のローカルニュースは北陸新幹線開業を歓迎する話題ばかりだが、「サンダーバード」が来なくなる事態を全く伝えないのは一体どういうことだろう。


JUGEMテーマ:鉄道・駅


| 特急サンダーバードの美しい姿が富山と無縁になる | 富山 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

金沢城プロジェクションマッピング2014に行ってみた

金沢城プロジェクションマッピング2014に行ってみた

 金沢城でプロジェクションマッピングが行われると、去る夕方のKNBニュースで伝えていた。調べてみると日程は平成26年10月の三連休のうち、11日(土)と12日(日)とのこと。一度見てみたいと、土曜午後出かけることにした。

16:41 JR金沢駅着 北越6号

16:53 JR金沢駅を徒歩で出発

 一回目の上映は18時30分。時間的に余裕があり、道は分かっているので駅から金沢城まで歩いて行く。「いもり坂」からお城の中へ。

いもり坂

17:23 金沢城二の丸広場着

二の丸

 集合場所は二の丸広場。もう既にたくさんの人が整列して待機している。最後尾という看板のところに並ぶ。あとからあとから人が来てどんどん並ぶ。このまま待てば18時30分の一回目の上映を見られそうである。しかし、それまでまだ一時間もある。どうも並んでちんと待つというのが好きではない。困ったものだ。どうしたものだろう。

 結局列を離れて、一回目はやり過ごし、まず兼六園へ行くことにした。石川門から外へ出るまでの間も、どんどん人がやってきて擦れ違う。みんな承知とみえ、金沢市民の関心が高いことが分かる。

 上映場所は三の丸広場。正面の建物に投影される。

三の丸


 この日は、兼六園のライトアップも催される。土産物食事処を覗くと、ライトアップは18時30分からとのこと。時間があるので、ここで一服することにした。

食事処

 だんだん暗くなってきて、縁台に座ると辺りはいい雰囲気である。一杯もまた格別。

金沢城


18:30 兼六園入場

 夜のライトアップされた兼六園を見るのは初めて。

ことじ灯篭ことじ灯篭

 コンパクトデジカメでは伝わらない。これは自分の目で見るしかない。

 プロジェクションマッピングの音声が漏れ聞こえてくる。


19:15 兼六園をあとに

 再び「いもり坂」へ向かう。夜になってから「金沢城プロジェクションマッピング」に出向く人が少なければ、20時の三回目の上映にすんなり入れるかもしれない。そう期待したのである。しかし、あては外れた。かなり手前の歩道でハンドマイクを持った係員が、本日の入場は打ち切りとなった旨を呼ばわっていた。どうやらお城の中は、既に待機する人々で一杯になったものと思われる。

 仮に入場できたとしてもまた並んで待たなければならないなら、諦めて帰るつもりであった。入場さえできないなら、判断するまでもない。そのまま中央公園を通って、金沢駅へ向かう。という訳で、今回のプロジェクションマッピングはお預けである。

20:00 金沢駅着

 金沢駅前の鼓門でも、小規模なプロジェクションマッピングをしていた。

鼓門

20:23 金沢駅発 サンダーバード35号

21:00 富山駅着

 さて、今回の「金沢城プロジェクションマッピング」は、北陸新幹線開業記念のイベントであるらしい。金沢でのプロジェクションマッピングは、昨年も旧県庁の建物で行われている。

 富山でもこういう話題のイベントをしないのだろうか、と思う。でも富山は映すところがないか。富山駅と金沢駅では、今日見ても雰囲気が全然違う。もう既に勝負あったという感がある。

 今日昼のニュースで北陸新幹線開業までのカウントダウンパネルが富山駅に設置されたとセレモニーの様子を伝えていた。駅の目立つところにドーンと置かれているのかと想像したが、あれ、すぐには見つからない。

 こんなところにありました。

カウントダウン

 これではホームから改札に来る人には死角になって見えない。改札からホームへ向かう人は左側通行なので気がつかない。何だか小さい…


 富山駅前は只今工事の真最中…

工事中








| 金沢城プロジェクションマッピング2014に行ってみた | 富山 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/8PAGES | >>