<< 映画「U・ボート」 第二次世界大戦ドイツ潜水艦艦内を疑似体験 | TOP | 裁判員裁判 耳かき店店員殺害事件が死刑でない不思議 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

尖閣諸島ビデオ流出問題で思う民主党政府のお粗末

尖閣諸島ビデオ流出問題で思う民主党政府のお粗末



 テレビニュースは、尖閣諸島ビデオ流出問題を連日のように伝えています。でも、その報道姿勢というべきか、報道内容にはとても違和感を感じざるを得ません。

 テレビニュースを初めとする報道では、今回の尖閣諸島ビデオ流出問題が、国家公務員法の守秘義務違反にあたるのではないかということが、問題の焦点になっています。しかし、本当の問題はそんなところにはないのではありませんか。

 そもそも神戸海上保安部の海上保安官がこの映像を投稿したのは、中国漁船衝突事件の真実を公開することにありました。そして、この映像により中国漁船が故意にぶつかってきたことが明らかになったわけです。政府は何の思惑あってかこの事件の真実を隠してきましたが、そういう対応について国民は何だか怪しいと思っていたと思います。そして、今回の投稿映像により中国側に非があることがはっきりした訳です。

 中国漁船に非があるにも拘わらず、政府は中国人船長を釈放しました。しかも、民主党政府は、那覇地検の判断により中国人船長が釈放されたとして、自らの関与を否定しています。政府が言うように、法に従って粛々と手続が行われるのであれば、故意にぶつかってきた中国漁船の船長は当然起訴されてしかるべきです。それが本来なら当然行われるべき手続きが中断されて処分保留で釈放されたとなれば、そこには民主党政府の意図が働いていたといわざるを得ない訳です。

 今回の問題は、法に照らせば明らかに起訴に至るべき中国漁船船長が、民主党政府の意向で釈放されたことが、妥当であったかどうかということです。法には違反するのだけれど、政府が政治的に対応したというのであれば、現場に責任を押し付けて政府は知らん顔をするのではなく、政府自らがその責めを負うべきだと思います。まさにそこに今回の問題はあるというべきです。

 日本のマスコミは一体どうなっているのでしょうか。今回の件では、中国漁船船長の釈放が妥当であったかどうかを問題にすべきなのではないでしょうか。それなのに問題の焦点を守秘義務違反とか情報漏洩にすり替えています。マスコミというのは、今回の問題で内向きに厳しくしている姿勢を見せることによって、実は中国の顔色を窺っているようにしか見えません。どうしてそこまで中国に媚を売る必要があるのか本当に不思議です。組織内で今は要職にあるはずのかつての学生運動世代の古い思想が、今の世でもそんなに大きい影響を及ぼしているものなのでしょうか。それとも何か別の要因が働いているのでしょうか。

 テレビニュースに映る政府は、何かというと中国との戦略的互恵関係の構築が大事と言っています。「戦略的互恵関係」って何?。そんな言葉は、最近ニュースで初めて聞くようになりました。言葉の中味が何もありません。単なる言葉の遊びのようです。

 民主党政府って不思議だなあ。中国漁船衝突事件について、本当に海上保安官個人の情報流出だけを問題にして、その責任を問うだけで済ませるつもりなのだろうか。国民はそれはおかしいと思っているから、内閣支持率も下がっているのだと思うのだけど。

 何だか最近稀に見るお粗末。










おすすめDVD記事
DMM レンタル 無料
龍馬伝 DVD
ヨコミネ式保育園 DVD
ガメラ DVD
ウルトラQ DVD

| 尖閣諸島ビデオ流出問題で思う民主党政府のお粗末 | 尖閣諸島問題 |
| comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
尖閣諸島問題・・無条件で釈放すべきと思います。
| tarou | 2010/11/14 4:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary-nakajii.jugem.jp/trackback/123
トラックバック