<< 岩瀬の旧廻船問屋街並みは歴史を感じる | TOP | リュウグウノツカイとは上手いこと名付けたものだ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

軍艦島クルーズは乗船目前あえなく欠航に夢と散る

軍艦島クルーズは乗船目前あえなく欠航に夢と散る

オランダ坂

 遠路はるばる長崎までやってきた。到着は前日土曜の夕方。出発した富山の朝は晴れていたが、博多駅まで来たところで雨が降り出す。

 今回の旅の目的は長崎の軍艦島クルーズである。

 軍艦島クルーズはどうやって参加するのだろう。ふと思ったのが三週間前。ネットで検索すると、運行している会社が四つほどあることが分かった。それぞれ予約状況を見てみると、どのクルーズも先の日曜日はずっと埋まっている。そのうちひとつだけ、三週間後の日曜午前便に12席の空席表示があるのを見つけた。

 これはたまたま今どこかのツアーのキャンセルがあったに違いない。乗船するならこれしかない。迷っている暇はない。思い切って予約を申し込んだ。案の定、しばらくして見ると、空席は7席に減っていた。翌朝見ると既に満席になっていた。

 ただ三週間後の予定は分からない。問題の三週間後の天気はなお分からない。

 この一週間は天気予報が気になった。梅雨前線の活動の他に、台風が発生して北上している。当初、週間天気を見ると、台風は週末までに九州の西海上を北へ過ぎ去るようであった。





 台風の動きが遅いという。予想に反して台風は長崎の西方海上に居座っている。遠路はるばるやって来た長崎は時々雨が降っている。

 そして当日。クルーズ集合9時50分まで時間があるので、近くのオランダ坂周辺を散策することにしてホテルから出かけた。8時20分、携帯に見慣れない番号の電話がかかる。電話に出るとクルーズ運行会社からであった。

 「誠に残念ですが……」

 それは欠航の知らせ…。台風の影響で軍艦島周辺は波が高く出航できないという。

 絶句。

 う〜ん、としか声が出ない。





 サイトには出航率90パーセントと謳っていたから、残りの10パーセントに見事に合い当たったことになる。

 自然が相手だ仕方がない…。

 人生は思った通りには行かない…。

 前回いつ引いたか記憶がないほど久方振りに先日ふと引いたおみくじには「旅行 延期すべし」と書いてあった…。

 軍艦島クルーズは目前であえなく空振りに終わった。丁度この間に世界遺産に登録が決まり、今後ますます予約は難しくなるだろう。

 次回の遠路はるばる長崎旅行はあるだろうか…。

長崎夜景





| 軍艦島クルーズは乗船目前あえなく欠航に夢と散る | 旅行 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary-nakajii.jugem.jp/trackback/326
トラックバック