<< 黒部市生地の黒部川扇状地湧水群を歩く | TOP | 氷見海岸線の海にうっすら霞む立山連峰 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

松川べりの桜はもう散り始め

松川べりの桜はもう散り始め

松川桜

 市役所へ行ったので、ついでに松川べりをぶらりと歩いて花見。まだ4月5日だというのに松川べりの桜はもう散り始め。この間、開花宣言を聞いたと思ったら、このところの暖かい天候で二、三日後に満開、そして早くも散り始めである。去年とはずいぶん違う。

 なるほど散り始めという風情だが、まだまだ見応えはある。今日も暖かい天気で気持ち良く散策できる。静かに行き来する遊覧船もたくさんの花見客を乗せている。

松川遊覧船

 東屋のところやいたち川との合流地点では、夜の花見の場所取りのためにブルーシートが敷いてある。今日は暖かいから気持ちの良い花見の宴になりそうだ。俺も一遍夜桜を見ながら酒を飲んでみたいなあ。シートで番をしている人がいて、缶ビールを飲んで傍に日本酒の瓶もあったけど、今から飲んでいたら夜になってみんなが来る頃にはできあがってしまうんじゃないか…。

 ときおり風が吹くと、桜の花びらがひらひらと舞い散る。こういう瞬間に巡り合って、花びらの中に立っているととても気持ち良い。いつでも味わえるわけではないから貴重な瞬間である。写真も撮ってみたけど、花びらは小さいから肉眼で見るのと違って花びらが舞う様子は分からない。やっぱり自分の目で見ないとね。

散る花びら

 写真を撮ると、シャッターを押したあとすぐにその場を離れてしまうけど、それではいけない。目の前で見ている様子は刻々変わるから、自分が見ようとした対象を撮影後もしばらく追って、余韻を楽しまないとね。

 (平成28年4月記)



JUGEMテーマ:お花見&桜


| 松川べりの桜はもう散り始め | まち歩き見て歩き |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary-nakajii.jugem.jp/trackback/329
トラックバック