<< 氷見海岸線の海にうっすら霞む立山連峰 | TOP | 入善から朝日町宮崎までレンタサイクルで走る >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

入善の海岸線をレンタサイクルで走る

入善の海岸線をレンタサイクルで走る

 富山から入善まで「あいのかぜ鉄道」で約40分。今日は入善の観光案内所でレンタサイクルを借りて海岸線を走る。前回は魚津から黒部川まで海岸を自転車で走ったので、今回は黒部川から入善までの間を繋ぐ。

 まち歩きテーマその1 富山湾沿岸自転車走破
 まち歩きテーマその2 黒部川扇状地

 自転車を借り入善駅から海岸へ向かう。「じょうべのま遺跡」というのがあるので見学。平安時代から鎌倉の遺跡らしい。昔はここに人が住んでいたのか。訪れる人は少なそうだが綺麗に手入れされていて、管理が大変だろうなと思われた。遺跡の東側にでかい風車が一基建っていて、こんな所に何かと気にはなるがこれは次回だ。

 ここから海岸の道を西へ向かう。夏らしい暑さになりそうだが、空に薄い雲がみられカンカン照りというわけではない。海風が少しあり快適に走れそうだ。スイスイ走るのは、行きは追い風だからである。

入善海岸

 入善の海岸はずっとコンクリートの防波堤と波消しブロックばかりが続く。途中に説明板があって、それを読むと昔は海岸線はもっと遠くて砂浜があったが、荒波による浸食が激しく、海岸線は数十メートル以上も後退したらしい。これ以上の浸食を防ぐため離岸堤(波消しブロック)を築いているという。

 寄り回り波による被害は聞いたことはあるが、この辺りの海岸はそんなことになっていたのか。砂の堆積と波の浸食のバランスが崩れているのだろうか。

 しばらく行くと「杉沢の沢杉」が左手にある。帰りに寄ることにして一旦通過。

 ずっと走ると園家山のキャンプ場に着く。ここの洗い場は湧水が使われていて、冷たい水がずっと出っ放し。さすがは黒部川扇状地。ここで水を補給。

園家山

 看板を読むと、園家山は黒部川が運んで来た砂が堆積した砂丘ということだ。しかし、目の前の海はやはりコンクリートの護岸になっている。

 再び走り海洋深層水の施設を過ぎると、海岸が整備されていて離岸堤との間でちょっとした海水浴ができる所があり、家族連れが遊んでいる。さらに進むと港が現れ、入善漁港というらしい。そしてここが黒部川右岸の河口である。これで前回と繋がった。

 帰りは、湧水公園や園家山の湧水池に立ち寄る。途中、正午を知らせる音楽が防災無線から物凄いでかい音量で流れた。のどかな田園風景とのミスマッチがいかにも田舎らしい。できればどこかでお昼にしたかったが、近辺にコンビニや商店がありそうな様子はない。やはり予め用意しておくべきだった。あきらめて再び海岸線を戻る。復路は弱い向かい風。

 「杉沢の沢杉」を見学。案内板によると、沢スギの森は昔は海岸近くにいくつも存在したらしい。それらは圃場整備事業で消滅したという。貴重なものならもうひとつ位残しておけば良かったなあ。再び自然に沢スギが形成されることはない。整備された木道を歩くと、ここも黒部川扇状地を感じる。

沢スギ


 海岸線から駅方面へ戻るとき、田んぼの用水の水が勢い良く流れ下っていて、土地が傾斜しているのだと分かる。やはりここは扇状地だなあ。

 入善は仕事で訪れたことは何度かあるが、遊びに来たのは今回が初めてである。実際、富山の人間でも入善にわざわざ遊びに行こうなんて思う人は余りいないだろうな。でも、今回来てみると初めて知ることが多く、なかなか見所がある。長いこと富山に住んでいるのに、知らないことばかりだと、入善に来ても思う。「杉沢の沢スギ」なんかは、富山県人のいい大人なら一度は見ておくべきかなあ。

 今思うのは、富山県は全体がテーマパーク。出かけると一日飽きることがない。例えば、入善は黒部川扇状地がひとつのテーマ。観光パンフで入善町の形を見るといかにも扇状地の右半分という形をしている。一部の有名な観光地を除いて県内の市町村の観光客誘致は、県外の人ではなく富山県人にもっと呼びかければいいのではないかなあ。




| 入善の海岸線をレンタサイクルで走る | まち歩き見て歩き |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary-nakajii.jugem.jp/trackback/331
トラックバック